前回の投稿からだいぶサボってしまい、気が付けば年度末も最終日となってしまいました。
これまでの活動を振り返る間もなく新年度を迎えてしまいます。。。。
とは言っても、やはりけじめとしてこの場をお借りして振り返らせていただければと思います。

27年度の潮彩の会は、法人として当たり前のことが出来ていないことに気が付き(気が付かせていただいた)
本当にやらなければならないことが山積みで、それに正面から立ち向かって来たといっても過言ではなく、
法人設立から2年半を迎える今、法人としての骨格(らしきもの?)が出来、ようやくこの地域で潮彩の会がどうあるべきかが
見えてきました。
 それまでは本当に模索をしながらの活動で(今でもそうですが)「やりたいこと」「求められていること」「出来ること」
この3点の交わるところを中々見つけられずに試行錯誤を繰り返し、地域の方々の中には、「潮彩の会は、一体何をやって
いるんだろう?」と疑問に思われる方も多くいらっしゃったかと思います。
正直言って、素人も同然の人間で立ち上げたNPO法人。ただ村がバックアップしやすいからというだけで、慣れない書類作成
などに苦戦しながらも何とか設立させたNPO法人。運営の何たるかなんて知らずに、これで障がい者に関しては村が何とかして
くれるだろう、とりあえず自分たちが出来ることだけやっていればいいか・・・と他力本願でやってきた私。
これは本当に甘かったと反省。これではただ法人を設立しただけで、自分たちが目指している「障がいのある人も暮らしやすい
神津島」には程遠いなと、痛感した次第です。

 さて、ここまで長々と言い訳やらダメ出しされそうなことばかり述べてまいりましたが、
28年度の潮彩の会はそこから学んだことを活かして、本来の目的に沿った事業を行っていけるよう新たなチャレンジをしていきたいと思います。そして地域に必要とされる会となれるよう、真摯な気持ちで活動していきたいです。そして必ず結果を出します!!

 地域の皆さま、今後ともどうぞ温かなお気持ちで潮彩の会を見守ってください。

代表 松江しのぶ

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM